Kaimin Labo

カート
  • 送料アイコン 送料 全国⼀律660円
    10,000円以上お買上げで無料
  • メールアイコン お問い合わせ
    miracle@tw.caitac.co.jp
光電子

高機能素材『光電子®』を取り入れたました。
あなたの放つぬくもりで身体をじんわりあたため、リラックスタイムやお休み中の身体を心地よくサポートします。



リカバリーサポートウェアはこちら



リカバリーサポートウェア 光電子 専門家の推奨


リカバリーサポートウェア 光電子 専門家の推奨




イメージ

「RecoverySupportWear」は、高機能素材「光電子®」を採用し、30年以上にわたり、健康と睡眠の研究をしてきた大阪府立大名誉教授・清水教永医学博士、これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきた快眠セラピスト・三橋美穂さんの協力のもと開発されたウェアです。





体温のゆらぎが大切

人間の適温温度は、平均的に36.5℃です。そこから1℃下がると、免疫力は37%、基礎代謝は12%、低下すると考えられています。
つまり体温を適正なレベルまで上げることが大切なのです。
ただ、常に36.5℃を保たなければならないということではありません。
1日の間で、体温は上がったり下がったリ変動します。
36.5℃±0.4℃の範囲の変化は問題なく、むしろ、そうしたゆらぎがあったほうがより健康と言えます。





体温のゆらぎがと快適睡眠の関係

快適な睡眠のためには、就寝前に体温を上げることによりスムーズな入眠に入ることができます。
そして睡眠前半のノンレム(深い眠り)睡眠期は、体温を下げて省エネモードに入り、最も深い眠りにつきます。
このときは、心拍数も低くなり体温も基礎代謝も下がり内臓も休んでいます。

ノンレム睡眠期が1~2時間続いた後、睡眠は浅くなり5~10分ほどレム(浅い眠り)睡眠が現れ、再びノンレムの深い睡眠に移行します。
2つの睡眠周期は約90分、一晩に4~5回繰り返されます。
レム睡眠期は、ほぼ全身の筋肉がゆるみ体は休んでいますが、脳は活動を始めているので体温は少しずつ目覚めに向けて上がり始めます。
この時に脳では、記憶の定着・整理をしていると考えられています。
就寝前から目覚めに向けて体温は大きなゆらぎをもって快適な睡眠のために大切な役割を果たしていると考えられます。





光電子

光電子®とは、体温域で効率よく遠赤外線を輻射する保温繊維です。
体温を利用して、からだを保温する素材です。
温かさの源は着る人の体温です。ポカポカしたおだやかな温かさが得られます。



光電子のメカニズム

高純度の微粒子セラミックを特殊な技術により均等に繊維に練り込むことによって、遠赤外線の吸収・輻射作用を高めています。



光電子の構造

おだやかな温かさで体を包み込んでくれる光電子®素材。オールシーズン、あらゆるシーンで活用できます。
※作用・実感には、個人差があります。
※光電子®は、㈱ファーベストの登録商標です。



光電子の保温力




専門家も推奨


専門家も推奨 清水教永

専門家も推奨 清水教永




専門家も推奨 三橋美穂

専門家も推奨 三橋美穂



イメージ



リカバリーサポートウェアはこちら

光電子LP

現在登録されている商品はありません。