• 送料全国⼀律648円。
    10,000円以上お買い上げで無料
  • お問い合わせ
    miracle@tw.caitac.co.jp

ホーム  > ブログ  > アイテム紹介 > 読み物 > スタッフブログ  > 眠りと色の関係 ~安眠カラーで睡眠環境を整える~

2019.07.10

眠りと色の関係 ~安眠カラーで睡眠環境を整える~

Kaimin Labo 安眠カラー 色の選び方で安眠できる main img

私たちは普段、多くの色に囲まれ、無意識に目に入ってくることで、

思っている以上に多くの影響を受けています。

近年、眠りについても、色についてもたくさんの研究がおこなわれており、

寝室のインテリアやパジャマを「安眠カラー」にすることで、

眠りにいい影響を与えるといわれています。

ぐっすり眠って、気持ちよく目覚めるために、「色」を意識して選んでみるといいかもしれません。

 

まずはじめに。

ぐっすり眠るために「避けた方がいい」色にはどんなものがあるのでしょうか?

明るく元気な印象の赤やオレンジ、鮮やかな黄色など、

見るとハッピーな気持ちになる反面、脳が興奮してしまい目が覚めてしまいます。

濃い紫なども刺激が強く、脳が覚醒されてしまうとされています。

 

寝室やパジャマの色は、刺激が少なく、気持ちを落ち着かせ、リラックスできる色を選びましょう。

Kaimin Laboで特におすすめしているのは、やさしい色味のブルーやピンク。

ブルー系の色には、鎮静作用、精神的に落ち着かせる作用があります。

また、副交感神経が優位になり、身体を眠りやすい状態に導いてくれるとされています。

ピンク系の色は、気持ちを安心させリラックスさせてくれます。

女性ホルモンの分泌を促す効果もあるので、睡眠時の「カラダの修復タイム」にぴったりですね。

 

他には、

筋肉の緊張をほぐし、癒し効果があるといわれるグリーン系、

刺激が少なく、気持ちを落ち着かせるブラウン、ベージュ、グレー、アイボリー等の

ナチュラルカラーがおすすめです。

 

刺激が強く避けた方が良い、と紹介した黄色や紫も、

やわらかなレモンイエローやロマンチックなモーブ、ラベンダーなど、

パステル調のやさしい色みや少しくすみのある落ち着いたトーンを選ぶと◎

黄色には、睡眠ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促してくれる効果が、

紫には、心身のバランスを整え、回復効果があるといわれています。

 

▼Kaimin Laboのおすすめ快眠パジャマ

[メンズ]今治ガーゼタオル ストライプ柄パジャマ

濃淡が爽やかなブルーのストライプ柄。

 

[メンズ]雲ごこち3重ガーゼ起毛 ストライプ柄パジャマ

白糸を入れたシャンブレー調の淡い色みがやさしく落ち着いた印象。

 

[レディース]ふんわり3重ガーゼパジャマ

淡いペールトーンのピンク・サックスとシャンブレー調のネイビーは気持ちを落ち着かせてくれます。

 

[レディース]児島デニムパジャマ

爽やかで軽やかなブルー。着慣れたデニムカラーに自然と気持ちがリラックス♪

 

 

眠るための環境を整え、ぐっすり眠ることで、

翌朝の目覚めが大きく変わります。

毎日の「元気」のために眠りを見直してみましょう。

 

Kaimin Labo