Kaimin Labo

カート
  • 送料アイコン 送料 全国⼀律660円
    10,000円以上お買上げで無料
  • メールアイコン お問い合わせ
    miracle@tw.caitac.co.jp

2021.08.05

睡眠への影響を減らすお酒の飲み方とは?

 

【第15回】睡眠への影響を減らすお酒の飲み方とは?

 

寝ている途中に目が覚めて、なかなか眠れない…。

そんな日は、お酒を飲んでいないでしょうか?

 

 

お酒を飲むと寝付きは良くなりますが、睡眠の質は確実に下がります。

アルコールが分解された後に交感神経が刺激され目が覚めて、

その後眠れなくなるからです。

入眠後3時間くらいで目が覚めているのではないでしょうか?

 

快眠のためにはお酒を飲まないのが1番ですが、お付き合いや気分転換で飲むこともあるでしょう。

そんなとき、できるだけお酒の影響を減らす方法は、

アルコールの吸収を緩やかにすることです。

 

具体的には、飲み始める前に「脂質、タンパク質、食物繊維」をとりましょう。

チーズ、ナッツ、納豆、きんぴらごぼう、切り干し大根などです。

 

 

また、お酒と交互に同量の水を飲むのも、アルコールの吸収を緩やかにするよい方法です。

 

ビール党にお勧めなのは、ノンアルコールビールです。

寝付きが良くなり、翌日の不安感も低減されたという報告があります。

つまり、睡眠の質が上がっているということ。

睡眠を阻害するアルコールが含まれないうえ、ビールの主成分であるアミノ酸の一種GABAは、

神経を落ち着かせる働きがあるからです。

 

 

最近のノンアルコールビールは、とても美味しくなってきています。

「ノンアルコールビール人気ランキング」

「酒好きが推す!ノンアルコールビール飲み比べ」などを参考にしてみてください。

 

お酒を毎晩飲んでいた人が急に全く飲まなくなると、かえって眠れなくなることがあります。

上手な止め方は、まずお酒の量を半分にしてみることです。

それが定着したら、さらに半分にするというように、徐々に減らしていきましょう。

 

お酒を飲んで快眠する方法はありません。

上手に付き合いながら、睡眠への影響を減らすよう心がけてください。

 


三橋 美穂(快眠セラピスト・睡眠環境プランナー)

寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕は頭を触っただけで、どんな合う枕がわかるほど精通。全国での講演や執筆活動のほか、寝具や快眠グッズのプロデュース、ホテルの客室コーディネートなども手がける。主な著書に『眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣』(三笠書房)ほか、日本語版を監修した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)はシリーズ累計115万部を突破した。https://sleepeace.com/